流行アプリのLINEの人気の理由とは何か

スマホ依存症は携帯依存症と同様にテレビを見ているときや人と会っているときでさえも片時も機種を離さず、使用し続けてしまう症状のことです。

依存症の中にはメールやインターネットをやめられない人やアプリの流行ゲームがやめられない人など、結果その症状はさまざまです。

アプリがスマホ依存症になってしまうきっかけになる

そして最近では、アプリのLINEを使ってメールをする人が、徐々に増えています。

LINEでは、メールのやりとりが無料で、しかも通信速度が早く、そして既読か未読かによって相手がいますが、このように自分のメッセージを読んだか読んでいないかの確認もここでは簡単にすることができます。

通常のメールと比べて、これは利用料金がかからず通信速度やメッセージの反映が早いのも流行で人気の理由の一つです。

孤独感
思春期

成人や親子間でもアプリの利用者は多い流行

また、属性に応じてグループを作成してグループ間でメールのやりとりをすることもできます。 メッセージのやりとりはチャット形式なので視認性も高く、流行スタンプといわれるLINEキャラクターなどがあります。 このように喜怒哀楽を表現したイラストを送信してコミュニュケーションもとることができるのです。 つまり、言葉と絵文字だけのメールよりも気軽に速く会話をやりとりすることができます。

使用時間を制限するアプリをダウンロード

その手軽さからスマホ依存症となる中高生が多くいますが、それは生徒が授業中にも悪びれずに平然と使用したりします。 または悪質ないじめが発生するなどの社会問題にまで、ここからかなり発展しています。 アプリのLINEの利用者は中高生だけでなく成人や親子間でも利用者が多く、LINEのキャラクターが登場する派生ゲームの人気も高まっています。 LINEに登場するキャラクターのぬいぐるみや、丈夫なハードのケースなどの関連商品も人気です。 LINEのアプリゲームは登録している友達同士でスコアの高さを競い合うものが多く、こうしてスコアがランキング形式でこれが表示されます。 また、1回プレイするには専用のアイテムが必要で、その流行アイテムを友達同士で送り合ったり、ゲームを進めるために一緒に協力することもできます。

早期発見

脳など影響を及ぼすこともあるスマホの流行アプリ

このように、友達とメールでも会話だけでなく流行アプリゲームでコミュニケーションをとることができます。 アプリゲームの内容も簡単なものが多いのでクセになり、いつまでも続けてしまう人が多くいます。 インターネットのサイトでは攻略の裏技が掲載されていたり、スコアアップのために時間を割く大人の姿も見られます。 スマホ依存症は中高生が深く心酔し依存してしまうことで学校の成績が落ちたという人も少なくありません。

アプリやゲームなどから離れる努力をしましょう

人気ゲームやメールに夢中になるあまり、宿題をする時間が削られたり、授業の内容が入ってこなくなることで成績低下の著しい傾向があります。 また、デバイスが発する有害電波は携帯電話の数倍といわれており、人体の脳などに悪影響を及ぼすと言われています。 スマホでは、従来の携帯電話と違って、インターネットサイトの閲覧や動画の視聴が容易にできるようになっています。 そのため、流行テレビドラマもテレビで観るよりもタブレットで観る人も多く、わざわざパソコンを使用しなくても機種ですべての用事を済ませることもできるようになってきています。 他にもスマホをかざすことで電子マネーを使って買い物ができたり、日常生活でも頻繁に使用頻度が高まるにつれて悪影響な依存者も増えているというのが現状です。

不安解消
スマホ依存症チェック

このページの先頭へ