思春期の中学生の親で悩んでいる人は多いです

基本的にこういった悪いシチュエーションになってどこに行くにも肌身離さずデバイスを持ち歩いている思春期の中学生は少なくありません。

LINEやTwitter、YouTubeなど時間を忘れて没頭してしまう中学生を悩みに思っている親も、今は多くいます。

依存症は日本だけでなくアメリカでも同様の症状の人が多くなっています。

テストや部活が手につかない中学生のスマホ依存症も

スマートフォンは以前の携帯電話よりも使える機能が格段に増加し効果が充実していることから、また、実際に結果これは利用頻度や時間が増すというような傾向にあります。

ゲームから動画視聴までさまざまなことが簡単にでき、インターネットと高速でつなげるという高性能・高操作性が症状を重症化させています。

これは起きている間だけでなく、布団に入ってからも常にいつでもいじって気がついたら何時間も経っていたりします。

また夜遅くまで画面を見て操作していて朝起きれなくなったりしてしまいますが、日常生活にも支障をきたすこともあります。

これは思春期のタブレットやパソコンは眠りを妨げ、不眠症のリスクを高めるというようなデータもあります。

不安解消
孤独感

いじめや仲間はずれにあったりする思春期

義務教育の中学生にスマホ依存症が多いのは、思春期は仲間はずれになることに恐怖感を抱いているためでもあります。 LINEなどのソーシャルアプリではメッセージなどのやりとりが簡単に早く無料でできるようになってからは、アプリ上でやりとりすることがかなり多くなっています。 無料アプリ上でのやりとりに参加しないと、学校で中学生が無視されたり、またはいじめに合ったりする被害も実際に報告されています。

中学生で寝るときまで握りしめているケースも

そうした仲間はずれを避けるために、デバイスを片時も離さずメールのチェックをかかさないという生徒が以前よりも急激に増加しています。 また、中学生は授業中など情事を使ってはいけないときに、どうしてもボタンを操作したくなって、それによって授業に集中できないなどの禁断症状が、結果的には稀に起こる効果もあります。 アンドロイドでのSNSの利用に夢中になりすぎて、思春期に実際の人間関係が希薄になる人も少なくありません。

流行

思春期に様々な障害を起こす中学生が多くなっている。

また、タブレットやパソコンを利用しすぎてブルーライトによる目の疲労の症状が思春期で出ている人もいます。 利用するときにはブルーライト対応の専門の値段の高い眼鏡をかけるなどの処置をとって、人体に負荷のかからないようにする配慮も若い方には特に重要です。 良くない悪い影響で睡眠障害を起こす中高生も多く、学校の成績だけでなく中学生の人間関係や日常生活に問題が起こることもあるので、使用には時間を決めて使ったりします。 機種の使用する気を起こさせないように複雑なパスワードを設定する人もいます。 このように、スマホ依存症を中学生が改善するには、自分が実践しやすい基本ルールを決めておくと効果的です。

SNSが中学生のスマホ依存の原因になっている

映画やコンサート、海外旅行などデバイスの電源をオフにせざるを得ないような予定を入れたりします。 強制的に絶対に触らない時間を作ってみると良いでしょう。 いつでもを操作しなくても過ごせることが確認できるので自然と使用頻度が下がっていく効果がありますし、これは無理に強制的に離れるのではなく、徐々に利用する回数や時間を減らしていくのが一番です。 こういったシチュエーション以外にも趣味や勉強など没頭できるものを見つけるのも興味や関心が分散されます。 思春期はこういった文化に依存しなくても良くなっていきます。

早期発見
スマホ依存症チェック

このページの先頭へ