症状の1つに孤独感による携帯依存症があります

近年若者を中心に使用頻度の高いスマートフォン(アンドロイド)ですが、その利便性故に孤独感と現代病ともいえる様々な症状や弊害もここには解り易くあらわれています。

毎日の使用における弊害を総称して、「スマホ依存症」と呼びますが、これは実際には携帯がこういったデバイスにかわったものとして考えることができます。

一時間離れてみてすでに不安の症状がある方はスマホ依存症

これは本来の電話が世間一般に流通した際に流行った一種の症状として震えやストレスがあります。

これは、つまり一日中、携帯電話の使用頻度が高いが故に常にずっとそれを持ち歩き、ここでは常時、弄っていなければ孤独感で気が済まないという、ここから精神的に深く心酔した状態をあらわします。

流行
早期発見

若者に多く見られる症状の理由は孤独感

孤独感やスマホ依存症は、この機能にかわってあらわれた現代病の一種です。 常に機種をを弄っていなければ気が済まない状態のことで、この症状は特に若者に多く見られます。 その大きな理由として、携帯電話の時と異なり、その利便性がこのデバイスになったことで格段に上がったことです。 アンドロイドの時よりも遥かにアプリの種類等が充実しております。 こういった機種のように単に電話やメールをする以上のことが、今ならこれ一台ですぐに簡単に行えます。 言うなれば、賢いパソコンを常時持ち歩いている状態です。

スマホがないと孤独感を感じてしまいます

しかも、Ipadよりも小さくて外出時に持ち運びやすく、通話機能の他にパソコンの機能も備わっているため、すぐにスマホ依存症になる人達が増えています。 ただしその利便性故に、様々な問題や症状も起こっています。 画面に集中していると、周りの状況が把握し辛くなり、これがまた思わぬ事故に巻き込まれかねません。 例えば、標に見入り、近くを歩いている人に自分からぶつかることや、常にを見ながら自転車や車に乗っていて、交通事故を起こしてしまう。 孤独感に苛まれて公共の場所でのマナー違反をしていることに気付かない。

思春期

依存の症状は孤独感のある東京の社会人にも見られます

また、外での事故以外にも問題は多く見られます。 ゲームの無料アプリをダウンロードしたら、孤独感から危険なサイトに転送されてしまっていたとします。 画面とばかり向き合っているために、普段現実として生活している環境に適応することができなくなってしまったのです。 症状の例をあげれば、学校に通っていながら同級生と会話をせずに、寂しく一日常時を弄って過ごすなど問題は多くあります。 この手の症状は何も若者だけに限ったことではありません。 会社に勤める社会人にも多く見られます。

携帯依存症が引き起こす孤独感は社会的問題に

基本的には外で生活しながら、家でパソコンを弄るようにその世界に引きこもることができます。 それが良いか悪いかは別問題として、不特定多数が集まる公共の場でデバイスにのめり込むことにより、これが多くの人的な問題が起きています。 手軽に便利に持ち歩け、一台の機械で様々な機能を持つ状況は現代社会において、これが非常に便利な道具ではありますが、それと同時に幾つもの危険性も孕んでいます。 その危険性を察知し、予防しながら上手に使いこなしていくことが、今の我々にとって必要なことだと思われます。 人の作った便利な道具にのめり込み、溺れてしまい終いには公共の場で迷惑となるような行為はせず、時と場合により使い分けていけるようにしなくてはいけません。 機種を扱う1人ひとりが心掛けていかなければなりません。 それにより、スマホ依存症という現代病も、孤独感も少しずつ治まってくることでしょう。

不安解消
スマホ依存症チェック

このページの先頭へ