早期発見が必要なスマホ依存という病気の診断

現代病といっても過言ではない、昔はなかった病気の診断の一つにスマホ依存症があり早期発見が必要です。

つまり、スマートフォンと呼ばれる高機能通信機に執着した状態の人間が増えているということですね。

最近では中学生や高校生などの若者を中心にその数は増えているので、テレビや新聞でもよく目にするようになりました。

自分でできるスマホ依存症の診断チェックとは

国をあげてITをすすめたお隣韓国では、これはネット依存症の子供達の話題はもう少し前からありました。

それをみていて、なぜ日本も同じ状態になるのでしょうか?まずは早期発見のための症状の診断です。

こういった状態にいるような人間は、絶えずスマホを常時、手にしていて、いつでも画面をチェックして何かしらの通信を気にしていては、どうしても普段はトイレもお風呂もここではおざなりになります。

休日はベッドに寝転んでひたすらスマホを触るというような状態だそうです。

固執しているので、スマホを取り上げると誰かと繋がっていない不安感からいきなり突然、凶暴になったりもします。

そしてここから他の全てのことに、次第にやる気をなくして無力感で一杯になりますし、結果このような状況下になるのにはいくつかの契機があります。

思春期
不安解消

心療内科や精神科の診断を早期発見のためにも受けましょう

一つはSNSというネット上でのネットワークですね。 友人知人と即時にメッセージをやり取りするので、早期発見できずそれに乗り遅れると深刻ないじめ問題にここから発展したりもします。 どうしても、それを恐れていつでもスマホを確実に手にしてなくてはなりません。 それからもう一つは携帯ゲームと呼ばれるものですね。

病院での診断は精神的な病気となります

スピードが速く、こうして同じゲームをしている友人と絶えず比較される機能があることから簡単に中毒に陥ってしまうのです。 未成年の中学生、高校生は大人に比べるとまとまった自由時間が桁違いに持てるためです。 たとえ公立の学校であっても持ち込んでやり始めてしまう子もいるようです。 そうなるともう自力で停めるのは困難になっているでしょう。 スマホ依存症と診断されるのは、大体は親が子供を連れて病院にいくことで最初は始まります。 体調不良を訴えての内科では問題なしと帰されるのではないでしょうか。 早期発見のために心療内科や精神科の診断の門をたたきます。

孤独感

診断を受け早期発見されたら家族で取り組む必要がある

現状で悪い傾向と診断を受けた子供は、まず早期発見のための綿密なカウンセリングですね。 今自分がどういう状態なのかを本人がしっかり理解する必要があるからです。 こういった状態をなくすための合宿やトレーニングなども色々方法があるので、家族で一丸となってこの問題に取り組む必要があります。 診断を受けると、まずはカウンセリング。 それからその他の状況と同じく、その対象物から遠ざけられます。

子どもがスマホ依存症になる前に注意しましょう

スマホなどなくても友人はなくならない、それよりももっと大切なことがあるのだということを、こうして少しずつ教えていくのです。 最初は反発して凶暴化していたり無気力で反応がない子供達も、しばらく続けていると規則正しい生活が戻ります。 ご飯もちゃんと食べるようになり、体を動かすことで頭もハッキリしてきます。 現代病ともいえるスマホ依存症、ならないためには家庭や個人で決まりごとを作っておくことが早期発見では大切です。 例えば使用時間を事前に決める。 自分でお金を支払えるまでは買わない。 クラブ活動やアルバイトも平行してやる、などでしょうか。 ひたすらそれに打ち込むことでのめり込むので、その時間をなくすことが大切ですね。

流行
スマホ依存症チェック

このページの先頭へ